×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

殺駆三兄弟・古殺駆

SDガンダムトップページ殺駆三兄弟・古殺駆

補足説明と
販売サイトへのリンクです。

SDガンダムBB戦士 №42
殺駆三兄弟・古殺駆(こざく)

BB戦士初期のシリーズ・SD戦国伝から殺駆三兄弟の長男、古殺駆!当ホームページのポリシーとして、なるべく塗装しないで作りたかったのですが、成型色を生かせたのは頭・胴(モスグリーンの部分)と角飾り(メッキ)だけでした・・・まずは、前から見たところ。

殺駆三兄弟・古殺駆

青い部分のうち、胸中央はキャラクターブルーの筆塗り、腕・足・股間の角はGSクレオスの缶スプレーのインディブルーです。股間ふんどし部と肩カバーの緑は缶スプレーのザクグリーン(胴体の色)。股間角の赤部分はキャラクターレッド、剣のさやはガンメタルで両色とも缶スプレー塗装。他の細部はちょぼちょぼと筆塗り。目は100円ショップのアクリルパーツ。
続いて、後ろからみたところ。

殺駆三兄弟・古殺駆

殺駆三兄弟・古殺駆ランドセル中央の宝玉は100円ショップのアクリルパーツを使用。設定には無い、当方のオリジナルです。
武器(バズーカ・マシンガン)は腰の穴に差したり、手に持たせたりできます。
武器の塗装は、ガンメタルを缶スプレー吹きしてから、全体をラッカーの銀でドライブラシ。その後、砲身部分のみ金でドライブラシ。スコープはドリルで軽くえぐってから、ガラス製のジュエルパーツをはめ込みました。

殺駆三兄弟・古殺駆

今回の改造。足のポリキャップはPC-123のGに交換。厚みが足りないので開孔した1ミリプラ板を背面側の受け部分に接着、かませています。この改造により、足が付け根で約3ミリ伸びます。

殺駆三兄弟・古殺駆殺駆三兄弟・古殺駆

肩カバーは組み立て後でもはずせます。なお、腕・足・頭・胴・肩カバーは接着して合わせ目も消してあります。胴・ランドセルの色は成型色のまま、スミいれはラッカーのつや消し黒です。

殺駆三兄弟・古殺駆

「いたな頑駄無、バズーカ発射!」この時期のキットはスプリングギミックが標準装備。このバズーカも、弾丸発射のギミック付きです。反面、ポリキャップは5個だけなので、ポーズは限定されます。

殺駆三兄弟

この時期のキットと現在のキットでは、プラモデルに対する基本的な考え方が違います。関節可動だけがガンダムプラモの魅力でしょうか?当キットは、1箱に3体(古殺駆・今殺駆・新殺駆の頭腕)を詰め込んだ大盛りキットです。

 

SD-GUNDAM G-GENERATION is BANDAI's Plastic Model .
SD-GUNDAM models in this homepage is not sale.If,you want The SD-GUNDAM Models,build by yourself.