×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

殺駆三兄弟 今殺駆

SDガンダムトップページ今殺駆

補足説明と
販売サイトへのリンクです。

SDガンダムBB戦士 №42
殺駆三兄弟・今殺駆(こんざく)

SD戦国伝から殺駆三兄弟の次男、今殺駆(こんざく)!まずは、前から見たところ。

殺駆三兄弟 今殺駆

今回はほぼ全塗装、成形色のままなのは角飾り(メッキ)くらいです。全身をサーフェイサーで下地処理の後、濃淡の緑は缶スプレーの量産型ザク用グリーンにて塗装。武器(斧・マシンガン)はガンメタルで缶スプレー塗装の後、銀でドライブラシ。赤はキャラクターレッド、金はGSクレオス9番の金で筆塗り。目はジュエルストーン(ガラス製)。3ミリの穴を開けて埋め込んでいます。
後ろからみたところ。

殺駆三兄弟 今殺駆殺駆三兄弟 今殺駆

武器は腰・盾のマウントポイント(ただの穴ですが・・・)に接続可能。

付属武器一式。
太刀はさやにおさめることができます。
さやは接着してあるので、おさえのリング状パーツは使用していません。
また、武器(刀、銃とも)はリアルザクと同様、他の殺駆(古殺駆・新殺駆)に持たせることができます。塗装はガンメタル→銀でドライブラシ。

殺駆三兄弟 今殺駆足のポリキャップはHG-UCのPC123-Gに交換。厚みが足りないので1ミリプラ板をかませています。この改造により、脚の接続部分で約3ミリ身長が伸びています。
ここで余ったポリキャップは新殺駆に流用してます。SDザクⅢは極初期のキットでポリキャップ無しなので・・・

殺駆三兄弟 今殺駆

殺駆三兄弟 今殺駆盾のエンブレム(殺駆の顔マーク)のみ付属のシールを使用。胸の模様もシールが付属していますが、ふちどりが黄色なので今回使用していません。
マシンガンはスプリングで弾丸発射可能。マシンガンのスコープはモノアイと同じくジュエルストーンを埋め込みました。
今殺駆のモノアイのガラスパーツはダイヤカットされている物のため、古殺駆・新殺駆と目の感じが違います。

古殺駆とツーショット。

 

SD-GUNDAM G-GENERATION is BANDAI's Plastic Model .
SD-GUNDAM models in this homepage is not sale.If,you want The SD-GUNDAM Models,build by yourself.