×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SDシェンロンガンダム

SDガンダムトップページ>シェンロンガンダム

補足説明と
販売サイトへのリンクです。

SDガンダム Gジェネレーションゼロ 38
シェンロンガンダム

ガンダムウイング登場の龍(ドラゴン)のガンダムMark2。
まずは、プロポーション未改造状態の正面から。

SDシェンロンガンダム

SDシェンロンガンダムもともとの成型色は、V字アンテナの黄色と青と白の3色。今回、白の部分と青の部分は成型色を生かして、部分塗装で仕上げました。
目は付属のシール、頭頂部のカメラアイはジュエルストーンをはめました。胸・ふんどし・靴の赤部はモデラーズの缶スプレー、パールレッドメタリック。黄色部分は中国っぽく金(GSクレオスの9番)に変更。V字アンテナのみ缶スプレー、他は筆塗り。手首・関節部は黒鉄色の筆塗り後、銀でドライブラシをかけました。重量感が出ていい感じです。
続いて後ろから見たところ。

SDシェンロンガンダム

缶スプレーグラデーション塗装肩の宝玉は、上からはメタリックグリーン、下からはキャンディライムグリーンの缶スプレーで、混ぜ吹きグラデーション仕上げ。その後、青ラインはキャラクターブルーの筆塗り。
それにしても、等身が短すぎる!可動範囲も狭い!ということで・・・

ここから改造

今回の改造箇所は2つ。
改造その1、いつもの、開孔したプラ角棒と4ミリ経ランナーをT字型に接着して作成した関節パーツを脚と腰のパーツあいだに挿入しました。ポリキャップはマスターグレードで余ったPC116-Gです。

改造パーツ改造パーツ

盾がつっかえて腕が横に上がりません。そこで・・・

改造その2、
薄くスライスして火で曲げたポリキャップPC116-Gを、左腕と盾のあいだに挿入しました。これにより、腕が脇に上がるようになりました。
腕を下げているときは、盾を前に向けることもできます。

SDシェンロンガンダム

改造後のプロポーション。大きく等身が伸びています。なお、上半身と下半身の間に、0.5ミリプラ板で作ったスペーサーをかませています。

SDシェンロンガンダムSDシェンロンガンダム

ビーム刃はキャンディライムグリーン、柄はガンメタル。
両色ともタミヤの缶スプレーです。

SDシェンロンガンダム

片足を前に出した姿勢が取れます。「ドラゴンハング!」

SDシェンロンガンダム

右腕にはポリキャップが入っていないので、関節部にポリ袋の切れ端をはさんでいます。

SDシェンロンガンダム

足首内には、釣り用のおもりを仕込んでいます。


SD-GUNDAM G-GENERATION is BANDAI's Plastic Model .
SD-GUNDAM models in this homepage is not sale.If,you want The SD-GUNDAM Models,build by yourself.