×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SDガンダムダブルエックス

SDガンダムトップページ>ガンダムDX

補足説明と
販売サイトへのリンクです。

SDガンダム GジェネレーションF 44
ガンダム ダブルエックス

好きなキャラクターということもあり、ついつい手をかけてしまいました。成型色は白とネービーブルーですが、活かせる部分も缶スプレーで全塗装→エナメルですみいれ、と全部に手を・・・。

まずは正面から見たところ。

SDガンダムDX

顔・腕・腰等の白い部分はキャラクターホワイト、赤はキャラクターレッド、アンテナ・胸の黄色はキャラクターイエローと正統派ガンダム系の色分けです。

胸の排気口は先に奥の部分に黒を塗ってから、全部に黄色をスプレーしました。すると黄色系はいんぺい力が弱いので写真のような微妙な色分けになるわけです。

リフレクター(背部の金色部分)目・カメラアイ・胸の緑は付属のシールをそのまま使いました。

SDガンダムDX

サテライトキャノン発射モードも可能!肩・体・靴のダークブルーは缶スプレーのGブルー4を吹いてから、ドライブラシ。
脚のシリンダー・ライフルの銃口は黒鉄色、手首はニュートラルグレー、面積も少ないので筆で塗りわけました。

SDガンダムDX

この時期のキットには、肩・脚・首・腰の回転軸しかポリキャップがはいっていません。そこで、ひとくふう!

ぽりきゃっぷぽりきゃっぷ

サテライトキャノンの付け根には、バンダイの余ったポリキャップ(PC-111のI、もしくは116のG)を薄く切って流用しました(右の写真の一番右、約1ミリけずりました)。リフレクターの回転軸には切り抜いたポリ袋の切れ端をかぶせてから、さしこみます。

SDガンダムDX

横から見るとわかりますが、ランドセルが重たい!普通に組んだ場合、サテライトキャノンをつっかえ棒にしないとうしろにこけてしまいます。そこで・・・

おもり

足首と、腰の中におもりをしこみました。釣り用のおもりをニッパーで切り、ペンチでつぶしたものです。あと、肩−二の腕のラインで切断、そこにもポリキャップをしこみました。これでシールドが自然に持てるようになりました。

SDガンダムDX

射撃ポーズもバッチリ決まる!

 

SD-GUNDAM G-GENERATION is BANDAI's Plastic Model .
SD-GUNDAM models in this homepage is not sale.If,you want The SD-GUNDAM Models,build by yourself.