×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SD百式

SDガンダムトップページ>百式(ゴールドメッキバージョン)

補足説明と
販売サイトへのリンクです。

SDガンダムGジェネレーション ZガンダムMSコレクション
百式(ゴールドメッキバージョン)

Gジェネレーション49では無く、ゼータガンダムMSコレクション(ゼータガンダム・ティターンズ仕様ファーストガンダムとの3個セット)の百式を作りました。何故か?理由は簡単、こちらはメッキ仕様だからです。まずはサクッとストレート組みから。

無改造・部分塗装仕上げ

SD百式

胸は成型色を生かしてスミ入れ(ラッカーのつや消し黒)+シール。靴と動力パイプは缶スプレーのシャアレッド。ビームライフルはパテで穴埋めの後、缶スプレーのメタリックブラック→銀でドライブラシ。目とカメラアイは付属のシールですが、肩の「百」はテフロンシールの余白に油性マジックで書いたものを切って貼り付けています。

SD百式

後頭部のカメラアイはシールが無いので、いつもの様に余ったシールから作成。下腕の後ろの肉抜き穴は、金色のラピーテープを貼ったプラ板でフタをしました。それにしても、頭身が低い。低すぎる!ということで・・・

プロポーション改修

SD百式

腰と足首の間に、プラ角棒とランナーで作った関節パーツを組み込んで見ました。直径3ミリの穴を開けた4.5×6ミリのプラ角棒+4ミリのランナーに、マスターグレードのPC116-Gのポリキャップをさしこんでいます。

改造パーツ改造パーツ

ポリキャップに足首をさし、ランナー部分を腰にさして使います。

改造パーツが腰内で回転可動するので、片足を前に出したポーズが可能。

SD百式SD百式

ビームサーベルは胸部と同じく、ネービーブルーで成型されているので、全塗装。下地をサーフェイサー→ベースホワイトで処理後、刃部をタミヤのブライトゴールドでスプレー塗装。その後、持ち手はGSIクレオスの9番ゴールド。

SD百式

ライフル・バズーカ・サーベルの3種の武器が付属。バズーカは、タミヤのガンメタルの缶スプレーで塗装。こちらは、ドライブラシ等してません。吹きっぱなしです。なお、バズーカは無改造でランドセルに装着可能。

百式の武器SD百式

本キットは、Gジェネレーション標準の2個ポリキャップ(PC-21)ですが、無改造でも腕が横に上がるので、格好いいポーズが取れます。

SD百式

SDでも、百式は脚の長い、スマートなバランスの方がいい!

 

SD-GUNDAM G-GENERATION is BANDAI's Plastic Model .
SD-GUNDAM models in this homepage is not sale.If,you want The SD-GUNDAM Models,build by yourself.